2018年09月02日

Dancing The Dream絡みのインタビュー翻訳 @60歳祝賀

ちょっと遅いけど…
60歳おめでとぉぉぉぉ!!マイコー!!!!
毎年この時期になるとそわそわして、音楽聞いて、
自分がいかにマイコー好きか思い知らされる人生です。

せっかくなので何か更新したい…けど、あんまり時間がないので、荒削りなインタビューをアップします。

デンジャラスツアーでヨーロッパを回っていた時期のGlenn Plaskinによる貴重なインタビュー。
このインタビューの特徴は、同時期に出された詩集"Dancing The Dream"にがっつり踏み込んだ質問が多いところです。

Dancing The Dream アマゾン購入ページ


この詩集、マイコーの歌詞とはまた違った雰囲気で、よりダイレクトで、彼の頭の中に迷い込んだようなディープな感じで、私はまだ飲み込めていないのだけど…
いつかこの本のレビューとインタビューも合わせた記事が書きたいなと、半年以上前から思ってます。長いわ!

dd.jpg

ちなみに初版の表紙ははブラホワの写真のよう。
中国版?のタイトルがまんまで潔くて好き。
ブラホワ写真の方が好きだけど、買おうと思ったらめちゃ高くて断念したのを覚えています。

インタビュー内容はシンプルながら深いです。取り急ぎの翻訳で見苦しいですがよろしければどうぞ…

I like that you care, drawing attention in your new book “Dancing the Dream” to “a child crying in Ethiopia, a sea gull struggling pathetically in an oil spill, a teen-age soldier trembling with terror…” Do you think we’ve become numb to all this?

あなたが新しい本 "Dancing the Dream"の中で、エチオピアで泣いている子供、流出した石油の中で痛ましくもがいているカモメ、恐怖に打ち震える十代の兵士…こういったことに気を配り、注目している点が良いと思う。我々はこのような問題に鈍感になってしまったのだろうか?

“No, I don`t think we have become numb to these tragedies. We are seeing a worldwide resurgence and restoration of basic human values and concern for the sacredness of all life on our planet.”

いや、これらの惨事に鈍感になったとは思わない。世界中で、人としてあるべき姿と、地球上の全ての生命の神聖さに対する関心が再興し、回復しつつあるよ。

Your book is filled with an old soul’s wisdom about life. Do you think of yourself as a philosopher?

あなたの本は過去の人物の人生の知恵に満ちている。自分のことを哲学者だと考えているか?

“I don`t think of myself as a philosopher. I think I have a purpose, as does everyone else on Earth. To find that purpose and to live to express it is to ignite the spark of divinity within us.”

そうは思わない。僕は目的を持っていて、地球上の他のみんなと同じだ。目的を見つけて、それを表現するために生きることで、我々の中にある神聖な輝きを放つんだ。

Did all the poems and essays in the book come from a daily journal?
この詩やエッセイは日記から生まれたものか?

“I don`t keep a journal. Ideas gestate and incubate in my mind.”
僕は日記をつけない。心の中でアイデアを練って、生み出すよ。

You always say dreaming is so important. Have you realized all your dreams?
あなたは夢見ることはとても重要だと常に言っている。自分の夢を全て実現できたか?

“No. I haven’t. Without dreams there is no creativity. The creative urge in us comes from discontent-a divine discontent that seeks to change, to transform, to fill the world with more magic. My priority in life is to make a difference, to tread unfamiliar, uncharted territory and to leave some trails behind.”

できていないよ。夢なくして創造はできない。心の中にある創造への衝動は不満から始まる。これは、世界を変えてより多くの魔法で満たそうとする、神様から授かった不満だ。僕の人生で重要なのは、変化を起こし、未知で不慣れな領域に踏み入れて、痕跡を残すことだ。

What do you like about kids and how do they revive you when you feel burdened?
子供達のどんな点が好きか。あなたがストレスを感じるとき、どのように元気付けられるか。

“Children are innocent and they are non-judgmental. They revive me, because they help me find my own inner child, without whom I would be lost. From children we can learn to love, to forgive, to create anew in everything and to heal the world.”

子供達は純粋で中立的だ。彼らは僕の中にある子供の心を見つける手助けをして、僕を元気付けてくれる。彼らがいなければ、自分を見失ってしまうよ。我々は子供たちから全てを愛すること、許すこと、新たに生み出すこと、世界を癒すことを教わるんだ。

When you’re alone, do you feel lonely or contented?
一人でいる時、寂しいか、それとも満ち足りた気分になるか?

“I know how to experience solitude. Loneliness can be a harsh experience, but solitude is love and consciousness with all of life.”
僕は孤独でいることを心得ている。寂しいと辛い気持ちになるけれど、孤独は人生の中で愛し、意識するための時間だ。

You often speak of God and spirituality, and you were reared as a Jehovah’s Witness. Do you consider yourself a religious person today?

あなたは神様や精神性についてよく話す。また、エホバの証人として育った。今のあなたは信心深い人間だと思うか?

“I don`t consider myself religious in the sense of subscribing to a particular dogma. I would consider myself spiritual-in that I believe there is a domain of awareness in which we can experience our universality. I read all kinds of religious literature, because I believe there is truth in all of them.”

特定の教義に賛同することを信心深いとするなら、違うね。自分は精神的だと思う。人の意識の中に、自らの普遍性を感じる領域があると信じているんだ。僕はあらゆる宗教に関する文章を読むよ。全てに真実があると信じているからね。

In your book`s essay “Trust,” you write: “We think separating ourselves from others will protect us, but that doesn’t work. It leaves us feeling alone and unloved.” Do you feel imprisoned by your fame?

本にあるエッセイ"Trust"で、あなたはこう書いた。"私たちは他人と距離をおけば自分を守れると考えているけど、上手くはいかない。一人ぼっちで、愛されない気持ちになってしまう。" あなたは名声に縛られていると感じるか?

“Yes. Fame can be imprisoning. But the best part of being Michael Jackson is that I know I can interact with millions of people; and in that interaction we exchange something.”
Which is…
“Love. It is exhilarating. It is magic.”

うん。名声は拘束になりうる。ただMichael Jacksonであることの一番の醍醐味は、大勢の人々との関わりを持てることだ。その関わりから、何かを分かち合える。それは愛だ。素晴らしい気分になれる魔法だよ。

I bet you could have been a great ballet dancer. Your mother once said you could imitate almost any dance move by the time you were 5. When you’re dancing onstage, how does it feel and how hard do you work at it?

あなたはきっと素晴らしいバレリーナだっただろう。以前、あなたのお母さんが、あなたが5歳になる頃にはほとんど全てのダンスを真似できていたと言っていた。ステージで踊っている時、どんな気持ちで、ダンスの練習にはどれくらい力を入れているのか?

“I dance to express my bliss. I do not strain at practice when I’m dancing. I just feel that the dance is dancing itself through me. I’m an instrument for the expression of ecstasy.”

僕はダンスで最高の喜びを表現している。踊るときは、がんばって練習していない。ダンスがただ自分の中を通ってダンスしているように感じるんだ。僕は恍惚を表現する楽器だ。

Give us a few secrets: What do you eat, how do you exercise?

すこし秘密を教えて。何を食べて、どんな運動をしているの?

“My life is not constrained by special diets or exercise routines! I have fun with my friends or by myself. I like to see movies, read books, dance-and sometimes do nothing.”

僕は特別な食事や運動習慣に拘った生活をしているわけじゃないよ!友達と一緒に、一人でも楽しいことをするし。映画を見たり、本を読んだりダンスしたり、ときには何もしないことも好きだ。

You write so much about animals. What can we all learn from them?
動物についてとてもたくさん書いているね。人々は動物から何を学ぶだろうか?

“Animals do not kill out of cruelty, greed or jealousy. And most do not kill their own kind. We are the only animals that plunder and destroy the Earth! But we are learning, and it is not too late.”

動物は、残忍で、強欲な、嫉妬による殺害をしない。同種を殺すこともほとんどない。地球を略奪し、破壊する動物は人間だけだ!でも我々は学んでいるし、手後れではないよ。

Speaking of animals, after the sexy, violent “panther” section of “Black or White” created so much controversy, amateur psychologists speculated that you were letting off tremendous feelings of anger about…
動物といえば、"Black or White"のセクシーで、暴力的な"黒豹"シーンは多くの議論を生んだ。アマチュアの心理学者たちは、あなたが強い怒りを野放しにしていると推測しているようだが…

“Anger and rage are the prelude to a shift in consciousness. Unless we feel rage at some of the inequities and injustices of our society, there is no hope for transformation.”

怒り、憤慨は認識を持つ前段階だ。社会の不平等や不正に対する怒りを感じなければ、変化する望みはないよ。

Your videos are state-of-the-art, like a mini-motion picture. Would you like to make feature-length films?

あなたのビデオは最先端で、短い映画のようだ。長編映画を作ってみたい?

“I`m going to produce and direct many feature films; movies that bring out the magic of life-that entertain but also make people think.”

たくさんの長編映画を製作し、監督するつもりだ。命の魔法を引き出し、みんなを楽しませると同時に考えさせる映画をね。

In the meantime, when you`re composing songs for your next album, do the words come first or the music?

ところで、次のアルバムに向けて曲を作る時、歌詞から作るのか、音が先か?

“I first hear the music and feel the dance, and then the words come spontaneously.”

最初に音楽を聞いて、ダンスを感じて、自然と言葉がやってくる。

In your essay “On Children of the World,” you say so many children have had their childhoods stolen from them. As a child star, did you feel that way?

"On Children of the World"というエッセイで、大勢の子供達が子供時代を奪われていると言及しているね。子役スターとして、そう感じていたのか?

“I certainly did not have a routine childhood. But the magic was always there.”

普通の子供時代はまったくなかった。でも、いつも魔法があった。

We’ve all seen Elizabeth Taylor fight so passionately for AIDS funding and compassion. What quality do you like most about her as a friend?

Elizabeth Tylorがエイズ基金と共感にとても情熱的に取組んでいる様子をみんな知っている。友達として、彼女の一番好きなところは?

“Elizabeth has passion for life. We must live with passion.”

Elizabethは人生に情熱を持っている。誰もが情熱をもって生きるべきだ。

Having hosted Elizabeth Taylor’s wedding last October, do you dream that one day you might have a wedding of your own?

この前の10月にElizabeth Taylorの結婚式を主催してみて、自分もいつか結婚したいなと思った?

“My life is the present. And the excitement of life is to step into the unknown every morning. I look forward to the future-whatever it brings.”

僕の人生は贈り物だ。そして、毎朝未知の世界に足を踏み入れるのが人生の楽しみだ。どんなことがあっても未来を楽しみにしているよ。

Originally published in Chicago Tribute
【下書きの最新記事】
posted by 蒼いありんこ at 14:03| Comment(0) | 下書き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: