2017年01月29日

テレビのおかげでゼイドンの見方が変わった

olodum.jpg

ほげーっとテレビをみてたら偶然マイコー関連の話がでてきました。
NHKの「SONGS」っていう番組の再放送で、福山雅治がブラジルへ赴いてサンバの魅力に迫るっていう内容でした。
後半、パステルカラーの家が立ち並ぶ地区で、原色の太鼓を叩き鳴らすTシャツ着た音楽隊が現れ、激しくデジャヴだ…と思っていたら、やはりマイコーと共演していた「Olodum」という団体でした。
They Don't Care About Usのブラジルバージョンショートフィルムの舞台となったサルバドールを中心に活動している打楽器の音楽隊で、
当時麻薬や犯罪に染まっていた暗いスラム街を音楽の力で明るくしようというコンセプトを持って発展してきたそうです。
実際、Olodumを目当てに観光客が訪れるようになり、地区の治安もすごく良くなったそう。
また、番組ではサンバの起源がアフリカから奴隷として連れてこられた人々の悲しみにあるという話も出てきました。

They Don't Care About Usのショートフィルムには監獄バージョンとブラジルバージョンがあり、
監獄バージョンはこの曲に込められた「社会の矛盾に対する憤り」を全面に押し出した過激な映像で、あまり放送されず弾圧されてきました。
陽気でコミカルなブラジルバージョンは大好きだけど、監獄バージョンが日の目を見なかった件もあり、曲のコンセプトを表現できていない「二番手」という認識をしていました。
でもサンバのルーツやOlodumの歩みを知ると、ゼイドンのメッセージ、ひいてはマイコーの哲学に強くリンクしていることが分かりました。
やるせない悲しみや怒りを抱えながらも力強く乗り越えていこうというエネルギーに溢れています。
こうやって偶然見たり聞いたりすることが自分の新しい気づきになって、よかったです。

3月の大阪ダンパ行きたいな…



posted by 蒼いありんこ at 19:31| Comment(0) | マイコー雑記

2017年01月19日

Get Yourself together

ktf.jpeg

最近、仕事が遅くなる日が続いていて疲れ気味でした。
今日は少し早めに帰れて、やっと家に着いたぜと車のエンジンを切るときに流れていた曲がKeep The Faithでした。
いつもはさっさと車をでるけど、もっと聞きたくてしばらくとどまっていたら、じーんときました。
初めてこの曲に出会ったのは14年前。歌い出しからすっと心に入って残りました。
改めて聞いてみると、一つ一つのフレーズに魂がこもっていてすごいです。
マイコーがなくなる直前、NHK BSの特別番組でたまたまこの曲について話す機会をいただきました。
不自然に力がこもっちゃって、今見直すとめっちゃ恥ずかしいですが、それでも話せてよかったなと思います。

In The Studio with MJでもKeep The Faithのエピソードに時間が割かれていて、
ロシア人の女の子が自殺しようとしていたときにラジオでこの曲が流れて、英語がわからなかったけど歌のメッセージを受け取って思いとどまったとか、
マイコーがレコーディングの音が破れるぐらい力強く歌ったという印象深い話を聞くことができました。

洋楽の歌詞のサビって同じ言葉がしつこくリピートすることが多いなか、
Keep The Faithは次から次に違う言葉が出てきて、全て"but you got to keep the faith"に収束するところが珍しいです。

ファン以外は知らないけど、すごく偉大で大事な曲です。
マイコーありがとう。


posted by 蒼いありんこ at 19:23| Comment(0) | マイコー雑記

2016年12月31日

最近こういう人いるよね

blackmask.jpg

お久しぶりです。
最近駅で黒いマスクをしている男性を時々見かけます。
たしかに、白いマスクよりかっこいいけど、一般人がやってるとちょっとテロリストっぽくて怖いです。
しかもオペ室用っぽい形じゃなくて普通のガーゼマスクだとびみょー。
マイコーは20年以上前からつけてました。
ビリージーンではルーズソックス履くし、ファッションリードしすぎてもはや予言者レベルのセンスですね。

本日、Immortal(CDの方)の感想をアップしました。
ここ2年ぐらいずっと書きたかったので、できてよかったです。
毎年年末に滑り込み更新してるな…
何もしないよりマシだね!
posted by 蒼いありんこ at 08:36| Comment(0) | マイコー雑記

2016年11月19日

懐かしい

wbt.jpeg

昨日の当直が暇だったので、嬉々として早朝に携帯をいじっていたら
待望のBruno Mars新アルバムがリリースされているではありませんか。

最初のシングル24K Magicはジャラジャラしすぎで、オートチューン(声の加工)も苦手で、up town funkの二匹目のドジョウを狙ってるけど風情がなさすぎて劣化。みたいな第一印象だったけど、
聞いてたら止まらなくなって結局好きです。

アルバム全部聞いてみると、70年代〜00年代をひたすら行き来している気持ちになりました。

安定のキャッチーさ
安定のフィット感
安定のゴキゲンサウンド

あーすごいこれどこかで聞いたことがある気がする…こんなんでいいのか?
でも…くやしいけど…めっちゃきもちいい

そんな感じです。

「懐かしい気持ち」を英語で表現する方法をいくつか勉強したので、使ってみます。
参照:懐かしい」の英語|1つだけじゃない!ネイティブの表現

readmore.png
posted by 蒼いありんこ at 15:18| Comment(0) | 日記

2016年11月06日

The Best Song in ten years

mitm.jpg

またまた、お久しぶりです。
最近はあっと言う間に寒くなり、街の装いはハロウィンから一転クリスマスモードになってしまいました。
もう今年もラストスパートなのですね。早い…
久しぶりに、Bad25の紹介をします。
今回はMan In The Mirrorの誕生秘話と関係者のコメントについて★

Badの製作関係者が、全ての収録曲にまつわるたくさんのエピソードを語ってくれるドキュメンタリー"Bad 25"のDVD/Blu rayは公式サイトから購入できます。
http://www.shopmichaeljackson.com/collections/video

(Man In The Mirrorが誕生するまで)

(Quincy Jones)
We kept talking about how nice it would be to get an anthem
that had a good feel to it, you know, just like
some sunshine on the world.

私たちは、良い気分になるような「賛歌」をアルバムに入れられたらとても素晴らしいだろうと言い続けててたんだ。
世界に光を照らすような曲をね。

(Jason King)
Whitney Houston's second solo album was storming the charts
and I think she provided a little bit of heat,
and I think that the label was concerned about how to kind of
appeal to this audience that had gravitated to Whitney Houston.

Whitney Houstonの2作目のソロアルバムがチャートを賑わせていた。
私は、彼女がいくらか熱気を与えていて、レーベル側はWhitney Houstonに引き込まれたリスナー達をどうやって取りもうかと模索していると思った。

(Siedah Garrett)
Went to Glen Ballard's house, who was my writing partner at the time,
I said, "This is what Quincy wants".
He said, "Well, let's just see what we come up with".
He stands up, goes over to the keyboard,
turns on the keyboard
and starts playing...
So I'm flipping through my lyric book...
While he's playing these...
Just getting sounds on the keyboard.

Glen Ballardの家に行ったの。そのとき彼と一緒に曲を書いていたわ。
「クインシーはこういうのが欲しいって」と私が言ったら
「うん、とりあえず思いつくままにやろうか」と彼が言ったの。
彼は立ち上がり、キーボードに向かって、電源を入れて、弾き始めた。
それで私は自分の歌詞ノートをパラパラめくっていたの。
彼がキーボードを弾いている間ね
readmore.png
posted by 蒼いありんこ at 19:22| Comment(0) | マイコー雑記